山梨県剣道連盟
 
     >> HOME >> 昇段審査 >> 審査基準要旨 (改正版)

  受審資格

 

【 幼  児 】

【 小学生 】

【 中学生 】

【 高校生 】

【 一  般 】

格 付 け 8 級 7 級 5 級 3 級 1 級
級位修業年数 6ヵ月 6ヵ月 3ヵ月 3ヵ月 3ヵ月
段位受験資格          
初 段     1級取得後3ヵ月、満13歳以上 1級取得後3ヵ月 1級取得後3ヵ月
二 段     初段取得後1ヵ年 初段取得後1ヵ年 初段取得後1ヵ年
三 段       二段取得後2ヵ年 二段取得後2ヵ年
四 段         三段取得後3ヵ年
五 段         四段取得後4ヵ年

 ■ 学科試験

   剣道初段〜三段受審者は県剣連が指定する学科問題4問の中から2問を出題する。
   剣道四段、五段受審者は県剣連が指定する学科問題8問の中から2問を出題する。
   居合道、初段〜五段受験者は県剣連が指定する学科問題8問の中から2問を出題する。

 

 ■ 木刀による剣道基本技稽古法(当面は竹刀で行います)

    3級  基本1から基本4 (基本3より元立ち、掛かり手交代する)
    2級  基本1から基本6 (基本4より元立ち、掛かり手交代する)
    1級  基本1から基本9 (基本6より元立ち、掛かり手交代する)


  日本剣道形

   初段−3本、  二段−5本、 三段−7本、 四段・五段−10本。

 ■ 再受審

   再受審は木刀による剣道基本稽古法及び剣道形並びに学科で不合格になった者は当該
     審査日から1年以内1回限りに於いて、受審することができる。


 ■ 級、7級、8級は、基本動作とする 。

  【7級・8級】

  ? 号令に合わせ次の順序で行う。

     令〉               〈受審者の動作〉 

                       提刀姿勢一列横隊(1組5名程度)

     「正座」              左座右起(さざうき)にて正座
     「礼」                座礼
     「起立」              左座右起にて起立

     「礼・構え・刀(とう)」      立礼・構え(帯刀) 三歩前進して蹲踞(そんきょ)し、中段に構える

     「足さばき」           「エイ・ヤー」の発声で 

    「まえ・あと・まえ・あと・みぎ・     前進後退右左の足さばき

         ひだり・みぎ・ひだり」 「やめ」

     「前進後退正面打ち」「始め」  「メン」の発声で 前進後退正面打ち

     10回程度 「やめ」

    「前進後退左右面打ち」「始め」 「メン」の発声で 前進後退左右面打ち

     10回程度 「やめ」 

    「納め・刀」                中段から蹲踞(そんきょ) 

                           構え・納め(帯刀)

    「礼」                    帯刀して五歩下がったところで提げ刀、礼

    「まわれ右、後ろを向いてください。  退場

    退場してください」  

    

    【6級】

      〈号令〉               受審者の動作〉

 

                       提刀姿勢一列横隊(1組5名程度)

     「正座」              左座右起(さざうき)にて正座
     「礼」                座礼
     「起立」              左座右起にて起立

     「礼・構え・刀(とう)」      立礼・構え(帯刀) 三歩前進して蹲踞(そんきょ)し、中段に構える

     「前進後退正面打ち」「始め」  「メン」の発声で 前進後退正面打ち

     10回程度 「やめ」

    「前進後退左右面打ち」「始め」 「メン」の発声で 前進後退左右面打ち

     10回程度 「やめ」 

    「一歩前進して           「ヤー・メン」

         踏み込み面を打て」   踏み込み正面打ち(1回目)

                         「ヤー」の掛け声とともに一歩前進し、「メン」の発声とともに

                         踏み込み面を打ち、送り足5〜6歩行ったところで振り返って

                         「残心」をとる。

    「一歩前進して           「ヤー・メン」

         踏み込み面を打て」   踏み込み正面打ち(2回目)

                         「ヤー」の掛け声とともに一歩前進し、「メン」の発声とともに

                         踏み込み面を打ち、送り足5〜6歩行ったところで振り返って

                         「残心」をとる。

    「納め・刀」              中段から蹲踞(そんきょ) 

                         構え・納め(帯刀)

    「礼」                  帯刀したまま五歩下がったところで提げ刀、礼

    「まわれ右、後ろを向いてください。  退場

    退場してください」  

  
  ? 掛け声は次の通りとする。
     足さばき           「エイ・ヤー」
     前進・後退正面打ち    「メン・メン」

     前進・後退左右面打ち   「メン・メン」

    一歩前進して踏み込み面 「ヤー・メン」

 
  ? 剣道着、袴(はかま)、垂(名札は外す)を着用する。

  ※6級、7級、8級の審査の流れについては、山梨県剣道連盟が新審査要領のビデオを制作し、2018年3月15日の支部事務局長会議で各支部にDVD2〜4枚を配布してありますので、ご不明な点がありましたら所属の支部事務局長にお尋ねください。

 

    

 ■ 4級・5級は実技を1回行う。

  

 ■ 1級、2級、3級については、切り返しと実技を行う。

   切り返しは次の通りとする
    ? 「正面打ち−前進4本−後退5本−正面打ち」 を1回行う。
       原則として一呼吸で行う。
    ? 受け方は、引き入れる受け方(左右で受ける)とする。
       歩み足とする。
 

 ■ 段位については、実技を2回とする。

  

 ■ 次の者は、受験を認めない。

  ? 小学校5年生以下の1級

  ? 13歳未満の初段

 ■ 称号及び六段以上について(財)全日本剣道連盟 剣道称号・段位審査規則による。

  
  


 

 
  
 
   ■ この審査基準は平成12年6月1日から実施する。
   上記の審査基準を平成16年1月4日の理事会で確認し実施する。
   上記の審査基準を平成21年11月1日の理事会で確認し実施する。
   上記の審査基準を平成23年4月1日から実施する。

   ■ 上記の審査基準を平成30年4月1日から実施する。

 

     | HOMEへ | 昇段審査 |